沖縄タイムス+プラス ニュース

「対策しなかった場合、県内死者は2万人」OIST研究者が試算 油断せずコロナ防止を

2020年5月4日 11:06

 OIST(沖縄科学技術大学院大学)のシモーネ・ピゴロッティ准教授らの研究チームが、4月中旬までの県内の症例数などのデータを基に、新型コロナウイルスの感染拡大と影響を予測する数学モデルを構築し、OISTのホームページで発表した。完成したモデルは、県内で感染防止対策を講じなかった場合は約2万人、講じた場合でも約千人の死者が出ることを示した。

新型コロナウイルスの電子顕微鏡写真(国立感染症研究所提供)

 ピゴロッティ准教授は「結果は最悪のシナリオを想定している。県民一丸で取り組めば、感染者や死者はこの数字よりもさらに減らすことができる」と強調している。

 研究チームは海外での新型コロナウイルスのデータを基にした感染症流行の数理モデルに、県内の4月16日までの症例数、入院率、利用可能な病床数、那覇空港に到着した推定感染者数などを組み込んだ。

 研究結果は休業や休校などの感染防止策を考慮した場合でも県内で今年12月末までに、170の集中治療室の病床が必要となり、約千人の死者が出ると予測した。何の対策も講じなかった場合は年末までに約2万人の死者が出るという。

 ピゴロッティ准教授は4月中旬以降、感染が確認された患者数が減少傾向にあることについて「感染者数は減少しているものの、断定できる段階ではない。油断せず徹底した対策の継続が重要」と警鐘を鳴らす。

 大型連休中に県外からの来県者が増えることを踏まえ「ウイルスを持った人がその中に数人いた場合、第2波のきっかけになる可能性もある。連休中も気を緩めず、人との接触を極力抑えるなど、継続した対策が必要」との見解を示した。

連載・コラム
沖縄タイムスのイチオシ
クラウドファンディング「Link-U」
クラウドファンディング「Link-U」
あなたの夢や想いを実現するために、あなたと一緒に挑戦します。
タイムス住宅新聞社
タイムス住宅新聞社
沖縄の、住まいと暮らしにちょっとした『プラス』を。
「ライトプラン」スタート
「ライトプラン」スタート
得する人生、始めよう!有料記事100本が読み放題。記事閲覧“爆速”体感を。
「お悔やみ速報沖縄 しまダビ」登場
「お悔やみ速報沖縄 しまダビ」登場
お世話になった方との最後のお別れはお別れを大事にしたい・・・そんなあなたのアプリです。
新聞配達員募集
新聞配達員募集
お住いの地域周辺で、空いている時間を活用して働いてみませんか?
「この本を読みましょう」おすすめ図書
「この本を読みましょう」おすすめ図書
大手6出版社のおすすめ図書を紹介。県内書店でぜひ手に取ってみてください。
那覇市久茂地にコワーキングオフィスhowlive誕生!
那覇市久茂地にコワーキングオフィスhowlive誕生!
howliveは沖縄タイムスが運営するシェアオフィス、コワーキングプレイス。抜群の立地と美しいデザイン、豊富な設備が特徴です。
「デジタルから新聞の未来を考える」本紙記者らが解説 26日午後7時から
「デジタルから新聞の未来を考える」本紙記者らが解説 26日午後7時から
沖縄タイムス会社案内デジタル版
沖縄タイムス会社案内デジタル版
最新の会社情報や仕事内容を紹介。社長や若手社員から就活生へのメッセージもあります。
令和2年度県民食育講演会・オンライン沖縄特別版
令和2年度県民食育講演会・オンライン沖縄特別版
小中高の部活生、受験生および保護者や指導者向けの視聴無料の講演会です。