那覇空港第1滑走路近くで4月、相次いで見つかった不発弾3発は1944年の10・10空襲で航空機から投下された可能性が高いことが3日までに専門家の指摘で分かった。