米国製250キロ爆弾の不発弾3発が相次いで発見された那覇空港第1滑走路近くの誘導路の建設現場。工事関係者は「今後も見つかる可能性がある」と危惧する。不発弾処理に詳しい識者は、航空機離着陸時の振動などで地中の不発弾が爆発する恐れもあると指摘。空港全体を磁気探査して調べるよう求めている。