沖縄タイムス+プラス ニュース

カジノ誘致「必要」13人 沖縄県議選の立候補予定64人アンケート

2020年5月6日 06:00

MICE・IR

写真を拡大 MICE、カジノ誘致

 沖縄県経済の新たな起爆剤として期待される大型MICE施設の建設には、全体の8割超の53人(82・8%)が推進することを求めた。このうち、自民を中心に13人(20・3%)が統合型リゾート施設(IR)を含むカジノ誘致の必要性を指摘した。「分からない」は3人(4・6%)、「カジノ、大型MICEとも反対」に2人(3・1%)、6人(9・3%)が選択しなかった。

 崎山嗣幸氏=社民、那覇・南部離島=は「カジノはギャンブル依存症など危険性が高い。観光客や国内外との商取引が増える効果に期待する」としてMICE建設のみに賛成した。

 西銘啓史郎氏=自民、同=はカジノ誘致も選択した上で、「カジノ=悪という議論だけではない。IRの一部にカジノが必要なのかは経済効果を含め、しっかりとした試算が必要だ」とした。

連載・コラム
きょうのお天気
アクセスランキング
ニュース 解説・コラム
24時間 1週間