沖縄タイムス+プラス ニュース

「支援遅すぎる」「仕方ない」 休業延長に事業者の思いは複雑

2020年5月6日 08:47

 沖縄県独自の休業要請が20日まで延長されたことを受け、県内の事業者からは「仕方ない」「ここまで厳しいのは初めて」などの声が上がった。期間延長も支援金の上乗せはなく、「経済的な支援策が遅すぎる」との不満も渦巻く。

新型コロナウイルスの影響で店舗が休業し、閑散とする国際通り=4日午後、那覇市(国吉聡志撮影)

◇「耐えるしかないのか」


 那覇市松山でスナックを営む60代女性は、大家と交渉して店舗賃貸料も一部免除してもらい、貯金を切り崩して生活してきた。「正直、生活は厳しい」とつぶやくも、休業要請の2週間延長には賛成する。「早く開けるためにも今は耐える時だ」と話した。
 沖縄市のライブミュージックバー「JET」のオーナー、古堅喬さん(69)は「今の状況で延長は仕方ない」と受け止める一方、「経済的な支援策が遅すぎる。事業者の手元には全然届いていない。耐えるしかないのか」と不満を口にした。

◇第2波を懸念


 キャンプ場や宿泊コテージを備える金武町のネイチャーみらい館は、当面5月末までの予定で臨時休館中。2週間後の状況に応じて再開を検討するが、外出や来県制限が緩やかになった後の感染の第2波を懸念しているという。
 松田健人館長(42)は「再開後は来てよかったと思ってもらえるよう、今は日頃手が届かなかった施設の修繕・補修をしながら、V字回復に備えている」と話した。
 宮古島観光協会の根間春仁事務局長は「感染を食い止めるための県の賢明な判断」と受け止めた。一方、市内のホテルや飲食店を中心に営業自粛が長引いており「さらなる延長で事業所の存続や雇い止めなど、損害が広がらないか危惧している」と話した。

連載・コラム
沖縄タイムスのイチオシ
求人情報サイト「ジョブカロリ」
求人情報サイト「ジョブカロリ」
お祝い金がもらえる成果報酬型人財マッチングサービスです。
「この本を読みましょう」おすすめ図書
「この本を読みましょう」おすすめ図書
大手6出版社のおすすめ図書を紹介。県内書店でぜひ手に取ってみてください。
クラウドファンディング「Link-U」
クラウドファンディング「Link-U」
あなたの夢や想いを実現するために、あなたと一緒に挑戦します。
新聞配達員募集
新聞配達員募集
お住いの地域周辺で、空いている時間を活用して働いてみませんか?
「ライトプラン」スタート
「ライトプラン」スタート
得する人生、始めよう!有料記事100本が読み放題。記事閲覧“爆速”体感を。
「お悔やみ速報沖縄 しまダビ」登場
「お悔やみ速報沖縄 しまダビ」登場
お世話になった方との最後のお別れはお別れを大事にしたい・・・そんなあなたのアプリです。
令和2年度県民食育講演会・オンライン沖縄特別版
令和2年度県民食育講演会・オンライン沖縄特別版
小中高の部活生、受験生および保護者や指導者向けの視聴無料の講演会です。
沖縄こども未来プロジェクト
沖縄こども未来プロジェクト
企業や個人のサポーターの皆様から頂いた支援金で、子どもたちの夢を後押ししています。
「デジタルから新聞の未来を考える」本紙記者らが解説 26日午後7時から
「デジタルから新聞の未来を考える」本紙記者らが解説 26日午後7時から
那覇市久茂地にコワーキングオフィスhowlive誕生!
那覇市久茂地にコワーキングオフィスhowlive誕生!
howliveは沖縄タイムスが運営するシェアオフィス、コワーキングプレイス。抜群の立地と美しいデザイン、豊富な設備が特徴です。