○…5月8日は「ゴーヤーの日」。夏の島野菜の代名詞とも言えるゴーヤーの収穫が県内各地で始まっている。

青々と育ったゴーヤーを収穫する農家の玉城良さん=7日、今帰仁村諸志(金城健太撮影)

 ○…今帰仁村諸志の玉城良さん(39)のビニールハウスでは7日、25センチほどに育った実をはさみで1本ずつ丁寧に切り取り、出荷作業に汗を流していた 。

 ○…玉城さんは青々と育った実を手に「ゴーヤーはビタミンCが豊富。おいしく食べてコロナに負けない免疫力を付けてほしい」とマスク越しに笑顔を見せた。