県出身ラッパー、Daia(ダイア)が2作目のアルバム「Diddy Bop」のアナログレコード、CD化に向けてクラウドファンディングを始めた。Daiaは「音源をフィジカル化して、多くの人に届けたい」と協力を呼び掛ける。

クラウドファンディングを展開しているDaia(提供)

 沖縄市を拠点に全国のヒップ・ホップパーティーに出演するDaia。「Diddy Bop」は2月に配信をスタートした。新作を引っ提げて4、5月に各ライブを巡る予定だったが、新型コロナウイルス感染拡大で中止を余儀なくされた。

 現在は沖縄で充電中。「外に出られない分、集中力を高めている。この時期だからこそ、できることがある」と音源をアップグレードし、レコードとCDで「形」にしようと考えた。

 CDを通して音楽を聴いた世代でもある。配信が主流になった現在「作品を『形』にすることで、自分の音楽を広げたい」と新たな挑戦に向けて意気込んだ。

 目標額は100万円。支援は5月31日まで。出資額に応じてオリジナルステッカー、CD、12インチレコード、Tシャツなどの特典がある。