沖縄タイムス+プラス ニュース

那覇国際通り、街も車もまばら 4月のゆいレール利用者、開業以来で最低

2020年5月9日 10:50

 大型連休が明けて初の週末となった8日。那覇市の国際通りでは、県の休業要請を受けてシャッターを閉ざす店舗も多く、人通りもまばらだ。例年だと多くの観光客が乗り降りする沖縄都市モノレール(ゆいレール)の牧志駅は、到着した車内も閑散としていた。

店舗の多くが休業し、人通りがまばらな国際通りと利用者が減少したゆいレールの上り線=8日午後7時25分、那覇市安里(国吉聡志撮影)

 県によると、4月のモノレール利用者は昨年度の半分以下の約60万9千人。2003年8月の開業以来、最も低い。同駅の1日当たりの平均利用者も、4月時点で過去最低の790人となっている。

 モノ社によると、5月の利用者も4月同様、減少傾向という。

前の記事へ 次の記事へ
連載・コラム
きょうのお天気
アクセスランキング
ニュース 解説・コラム
24時間 1週間