前橋育英は遊撃手で主砲を務める小川龍成を中心に、堅守から攻撃のリズムをつくってきた。群馬県大会では全6試合で失策はわずか三つ。延長戦となった健大高崎との決勝では、12回を無失策で切り抜け、3併殺を奪う好守で勝利を呼び込んだ。 エースの佐藤優人が投手陣を引っ張る。