沖縄タイムス+プラス プレミアム

辺野古新基地建設を「容認」 自民沖縄県連、県議選で政策に初明記

2020年5月12日 14:30有料

 自民党県連(中川京貴会長)は11日、6月7日投開票の県議選に向けた政策を発表した。名護市辺野古の新基地建設は「容認」を打ち出し、訓練移転により米軍普天間飛行場の運用を最小限にすることを掲げた。県議選の政策で、県連が容認を明記するのは初めて。

連載・コラム
きょうのお天気