米軍普天間飛行場での泡消火剤漏出事故を巡り、国と沖縄県は11日、飛行場に立ち入り、県が求めていたエリアの土壌を採取した。対象は米軍が4月24日に格納庫周辺で剥ぎ取り、保管していた土壌と、基地内を流れる排水路沿いの8地点。