沖縄タイムス+プラス プレミアム

核持ち込み密約「なければ核撤去と返還は空中分解していた」 元米高官証言 不測に備え配備固執した米軍

2020年5月15日 08:00有料

 沖縄施政権返還に携わった元米政府高官のモートン・ハルペリン氏は、返還交渉の際、核撤去に抵抗していた米軍が、返還には撤去が不可欠とする日米間の政治決定に従った経緯を明らかにした。インタビューの詳細は次の通り。(聞き手=平安名純代・米国特約記者) -軍部を説得するのは難しかったか。 「非常に困難だった。

もっと詳しく。有料会員ならこんな記事も読めます。

沖縄の米軍基地の集団感染 発端は米本土部隊から

報告書から異例の「辺野古」削除 海兵隊の沖縄への強いこだわり

「翁長が恋しいです」流れ呼んだ妻の訴え 沖縄県知事選

月額550円で有料記事が月100本読み放題の「ライトプラン」もございます。 

 
連載・コラム
きょうのお天気