沖縄タイムス+プラス ニュース

新型コロナ対策の飲食店紹介 サイト登録200店突破 dikitoon.com 沖縄県のガイドラインを反映

2020年5月14日 18:00

 沖縄タイムスが運用し、飲食店の新型コロナウイルスの感染予防策を紹介する「C対策サイト」の登録店が13日、200店を超えた。同サイトは、14日の休業要請の一部解除を受け、沖縄県が飲食店に求めた感染対策のガイドラインを基に、紹介する対策を32項目に拡充。記入した項目を来店客が見やすい場所に店内掲示すればガイドラインの順守を満たせる。飲食店の使いやすい機能を増やし、店舗数拡大を目指す。

スマホで事前に注文、待たずに受け取り! & 新聞記者が本気で取材したグルメサイト「Dikitoon.com(ディキトーン・ドットコム)」実験中

 玉城デニー知事は11日の記者会見で、コロナ感染拡大防止のため、20日まで予定していた休業要請を一部の遊興業種を除いて14日から前倒して解除すると発表した。営業を再開する事業者には感染対策のガイドライン作成と順守を求めている。

 「C対策サイト」は3月に開設。従業員のマスク着用といった各店舗が取り組む対策を取り上げ、来店客に安心してもらい、売り上げの回復につなげる。同サイトの登録店は5月13日で201店となった。

 サイトには、店舗が自ら登録する。これまでの13項目に、ビニールカーテンの設置、混雑回避のための入店制限、予約制などの感染防止策を追加。沖縄県が示したガイドラインを参考にした。各店舗の取り組みをチェックすれば、サイトに反映される。

 テークアウトやデリバリー対応の可否も選べる。テークアウト商品を写真付きで登録できる機能もある。

 飲食店のコロナ感染防止策を担う沖縄県衛生薬務課が発信する情報も掲載し、飲食店向けの内容も充実させた。

 店舗登録のページはc.dikitoon.com一般客向けページはdikitoon.com

連載・コラム