胃心地いいね

10種以上の調味料で作る甘酢ソース クセになるチキン南蛮が胃袋わしづかみ

2020年5月16日 08:00

【胃心地いいね・新型コロナに負けない版】北中城村安谷屋「くわっちぃ食堂青空」

 北中城村役場から東に200メートルほどの県道81号沿いにある「くわっちぃ食堂青空」。浦添市に本店があり2019年9月に「北中城店」としてオープンした。浦添店は今年3月下旬に閉店したが、「もう一度あの味が食べたい」と浦添店の常連客も頻繁に足を運んでいる。

くわっちぃ食堂青空

持ち帰りでも一番人気の「やみつきチキン南蛮」

「おいしい料理でみんなを笑顔にしたい」と話す、新里勇人店長=12日、北中城村のくわっちぃ食堂青空

くわっちぃ食堂青空 持ち帰りでも一番人気の「やみつきチキン南蛮」 「おいしい料理でみんなを笑顔にしたい」と話す、新里勇人店長=12日、北中城村のくわっちぃ食堂青空

 一番人気は「やみつきチキン南蛮」(600円)。訪れた客の半数以上が注文するという。

 キュウリを使い、さっぱりと仕上げた手作りのタルタルソースと、10種類以上の調味料を配合して作る甘酢ソースの組み合わせがおいしさの決め手。その名の通り「やみつきになる味」で、食べた人の胃袋をつかんで離さない。

 新型コロナウイルスの影響で、持ち帰りも増えた。

 鶏のレバーを使い、さっぱりと仕上げた「ふわふわレバニラもやし(600円)」も人気。牛や豚のレバーに比べ、鶏レバーは臭みがなく、苦手な人でも食べやすいという。

 通常メニューに加え、日替わり弁当(300円、400円)の販売も開始。「1品加えるなど、家庭料理の手助けに」と日替わりの総菜を100円で販売するサービスも好評を博している。

 新里勇人店長(32)は「コロナで大変なことも多いが、食べることで笑顔になれる。青空のおいしい料理で、みんなを幸せにできる手助けができれば」と笑顔で話した。

(中部報道部・仲村時宇ラ)

 【お店データ】北中城村安谷屋1359の1。通常営業は午前11時から午後9時だが、自粛期間は午後6時までに短縮。日曜日定休。電話098(989)0811。

(写図説明)持ち帰りでも一番人気の「やみつきチキン南蛮」

(写図説明)「おいしい料理でみんなを笑顔にしたい」と話す、新里勇人店長=12日、北中城村のくわっちぃ食堂青空

(写図説明)くわっちぃ食堂青空

  連載「胃心地いいね」の記事をまとめたグルメサイトの試験版がこのほど、開設された。サイト名は「Dikitoon.com(ディキトーン・ドット・コム )」。2003年の企画開始からの過去記事のうち約250件を掲載。地図検索もでき、現在地から近い飲食店も探せる。利用者の反応を見ながら、改善を続け、完成を目指す。アドレスは https://www.dikitoon.com/

連載・コラム
きょうのお天気