沖縄タイムス+プラス ニュース

沖縄で初、コロナ再陽性 5月1日に退院した60代女性

2020年5月17日 14:02

 沖縄県は17日、新型コロナウイルスに感染した後、5月1日に退院していた那覇市内の60代の女性会社員から、再び新型コロナの陽性反応が出たと発表した。県の発表分で、いったん陰性となった後、再び陽性となるのは初めて。

新型コロナウイルスの電子顕微鏡(米国立アレルギー感染症研究所提供)

 再陽性は16日に判明し、現在、感染症指定医療機関に入院中。県はウイルスが残っていたことによる陽性反応か、別ルートで新しく感染したのかを詳しく調べている。

 県によると、女性は4月10日に協力医療機関へ入院。2回のPCR検査で陰性となり、基準を満たしたため退院した。

 退院後は自宅療養し、3回ほど外出したがマスクを着用していたという。9日にのどの違和感と微熱が出たが、症状はその日のうちで軽くなったという。その後、症状は出ていなかった。健康観察で外来を受診し、発覚した。濃厚接触者は同居者の1人という。

前の記事へ 次の記事へ
連載・コラム
きょうのお天気
アクセスランキング
ニュース 解説・コラム
24時間 1週間