沖縄タイムス+プラス ニュース

ITエンジニアで土産品店を応援 沖縄の企業がネットイベント 参加者に県産品

2020年5月19日 11:45

 新型コロナウイルス感染症の影響で厳しい経営状況にある沖縄県内の土産品メーカーを支援しようと、ITベンチャーのRe:Build(リビルド・沖縄市、鈴木孝之代表)は6月21日、IT系のシステムエンジニア約250~300人を対象にしたイベント「チャリティーカンファレンス沖縄2020」をオンライン上で実施する。

チャリティーイベントへの参加を呼び掛けるリビルドの鈴木孝之代表(右)と外間製菓所の外間有里代表=18日、那覇市牧志(リビルド提供)

 参加費用は1人2千円。返礼品として、2千円分(発送料込み)の県産品詰め合わせセットを送る。運営費を除く売り上げは、商品を提供したメーカーに全額寄付する。

 同社は開催に向け、商品の提供に協力する土産品メーカーを募集している。18日時点で、参加予定は那覇市の外間製菓所(外間有里代表)の1社のみ。鈴木代表は「多くの土産品メーカーに参加してもらい、売り上げにつなげてほしい」と話した。

 今後、イベントの第2弾も計画しており、参加企業を随時募集する。詳細や問い合わせはhttps://charity‐conf.okinawa.jp/

連載・コラム
きょうのお天気