沖縄タイムス+プラス ニュース

持続化給付金の電子申請 沖縄も3カ所に支援会場

2020年5月19日 13:06

 経済産業省は18日、新型コロナウイルスの影響を受けた中小企業などに最大200万円を支給する「持続化給付金」を巡り、電子申請の手続きを支援する会場を報道陣に公開した。インターネットでの手続きが難しい経営者らを手助けし、幅広く迅速な給付を目指す。16日までに各都道府県で少なくとも1カ所の会場を開設。5月末までに全国465カ所に増やす予定だ。

 沖縄県内では、新たに浦添会場(浦添市立中央公民館分館2階)が22日に、沖縄会場(イオンモール沖縄ライカム3階)が28日にそれぞれ開設予定。14日に開設した那覇会場(なは市民協働プラザ2階)と合わせて3カ所となる。

 持続化給付金は1月以降、原則として1カ月当たりの収入が前年同月から半減した場合に中堅、中小企業は最大200万円、個人事業主は最大100万円を受給できる。

連載・コラム
きょうのお天気
アクセスランキング
ニュース 解説・コラム
24時間 1週間