沖縄タイムスグループ7社は18日、それぞれ決算取締役会を開き、2020年3月期決算を承認した。グループ売上高(単純合算)は129億65万円、経常利益は2億2928万円で、減収減益となった。

与那嶺一枝氏

 沖縄タイムス社(武富和彦社長)単体の売上高は、広告売り上げの減少などで前期比1・7%減の81億3214万円。印刷部門の分社化に伴う経費増で経常利益は40・3%減の1億5545万円となり、減収減益となった。

 役員人事では、代表取締役会長の豊平良孝氏(68)が退任し、相談役に就任。執行役員編集局長の与那嶺一枝氏(55)が取締役編集局長に就任する。取締役営業局長の比嘉敏幸氏(56)は取締役読者局長に異動する。6月24日に開かれる株主総会、取締役会を経て正式決定する。