沖縄県の琉米歴史研究会(喜舎場静夫理事長)は15日、1952~54年に県内で撮影された200枚超のカラー写真を公開した。写真は、当時の在沖米軍の小学校教員が撮影した。研究会会員で米国在住のドン・キューソン氏が入手し、同会へ提供した。

笑顔で写る少女

民家の脇で赤ん坊を背負った少女(琉米歴史研究会提供)

田んぼで農作業を行う人々(琉米歴史研究会提供)

笑顔で写る少女 民家の脇で赤ん坊を背負った少女(琉米歴史研究会提供) 田んぼで農作業を行う人々(琉米歴史研究会提供)

 写真は県内各地で撮影。現在とは異なる街並みや自然の景観のほか、農作業の様子や米軍関係者と触れ合う県民の姿など、当時の生活が記録されている。

 戦後10年に満たない時期に撮影された写真には、笑顔で写り、たくましく生活する県民の姿もある。喜舎場理事長は「昔の沖縄の人がどうやって戦争から立ち直ったのか。若い人にも写真を通じ、沖縄の人の力を感じてほしい」と話した。

 同会では、日本復帰50周年を迎える2022年に、今回公開した写真を含めた写真展を開く予定という。