沖縄タイムス+プラス ニュース

95%が収入減 観光キャンセル相次ぎ 通訳ガイドが苦境に

2020年5月21日 06:00

 新型コロナウイルスの影響で、沖縄県内を訪れる外国人観光客が減り、通訳ガイドの生活が苦しい状況だとして、沖縄通訳ガイドネットワーク会(西田金市会長)は18日、県庁を訪れ、ガイドの雇用実態を報告した。

観光客が減り閑散とする那覇市の国際通り(資料写真)

 同会には、約150人のガイドが所属。新型コロナによる影響についてアンケートをしたところ、回答した通訳ガイドの9割以上が「70%以上の仕事がキャンセルされた」と回答。95%以上が「2~4月のいずれかの月で、収入が減少した」と答えたという。

 西田会長は「突然仕事がキャンセルされ、収入が激減した状況が浮き彫りになった。県には、ガイドへの支援や雇用対策を求めていきたい」と話した。

 
前の記事へ 次の記事へ
沖縄関連、今話題です(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
きょうのお天気
沖縄タイムスのイチオシ