時の政権の判断で検察官の定年延長を可能とする検察庁法改正案の今国会成立が見送られたことに、沖縄県内からは「当然の結果だ。政治を人任せにせず、市民が権力をチェックする必要がある」などの声が上がった。