「糸と縄の取引」「糸と縄の交換」が、事実上成立しなかったのは、米国の何らかの妥協や譲歩を示すものではない。むしろ、自国の利益が膨らむ方法を選んだ米国のしたたかな外交が浮かび上がる。沖縄の米軍機能の維持や「思いやり予算」の獲得などにつながったとみられる。