沖縄タイムス+プラス ニュース

沖縄、休業要請きょう全面解除 来県は31日まで引き続き自粛

2020年5月21日 10:10

 沖縄県の玉城デニー知事は20日の記者会見で、新型コロナウイルス感染拡大を防ぐための休業要請と、飲食店への酒類提供時間や営業時間の短縮要請などを、予定通りに21日から全面解除すると公表した。これまでの県民の協力に感謝し「ウィズコロナ」を見据えた感染予防ガイドラインの作成など、対策の継続を呼び掛けた。

休業要請解除後の新しい生活様式の継続や3密防止の取り組みを呼び掛ける玉城デニー知事=20日午後、県庁(代表撮影)

 県内から県外、県外から県内への移動は31日まで引き続き自粛を求めた。離島への移動は各市町村の意向を踏まえ、解除時期を見極めるという。

 大城玲子保健医療部長は来県を受け入れる時期について、全国の感染状況を踏まえ「(31日より前倒しする)検討の余地はある」と語った。

 玉城知事は県主催イベントの実施に向けたガイドラインも発表。民間にも「3密」の回避など独自の感染防止ガイドラインの策定と、それを順守した開催を求めた。

 玉城知事は「イベント再開をはじめ、社会経済の活動レベルが徐々に上がる。一人一人の対策が大切」と強調。経済回復には「観光客の迎え入れは、急激とはいかず、他府県の状況と相対的につながっている。県は補正予算を重ね、できうる支援策を打ち出していきたい」と話した。

前の記事へ 次の記事へ
連載・コラム
きょうのお天気
アクセスランキング
ニュース 解説・コラム
24時間 1週間