沖縄タイムス+プラス プレミアム

軟弱地盤20年前に把握か 防衛省は否定

2020年5月21日 16:00有料

 【東京】名護市辺野古の新基地建設で、大浦湾海域に広がる軟弱地盤を巡り、政府は昨年、地盤改良の必要性を認めた。だが、防衛省が2000年ごろからその存在を「認識していたのでは」との指摘もある。 現行のV字形滑走路案は、11年6月の日米安全保障協議委員会(2プラス2)で正式決定した。

もっと詳しく。有料会員ならこんな記事も読めます。

沖縄の米軍基地の集団感染 発端は米本土部隊から

報告書から異例の「辺野古」削除 海兵隊の沖縄への強いこだわり

「翁長が恋しいです」流れ呼んだ妻の訴え 沖縄県知事選

月額550円で有料記事が月100本読み放題の「ライトプラン」もございます。 

 
連載・コラム
きょうのお天気