WEBオリジナル記事

山田孝之、新田真剣佑・・・コロナで自粛中に沖縄へ 沖縄観光の現実【WEB限定】

2020年5月21日 20:38

 新型コロナウイルスによる緊急事態宣言が出され、全国的に不要不急の外出を自粛していた5月中旬、俳優の山田孝之さん、新田真剣佑さんらが沖縄でバカンスを楽しんでいた。20日、「文春オンライン」特集班が報じると、SNSでは「あれだけ来ないでと呼びかけられている中で・・・」「すごく残念」といった失望や批判の声が相次ぎ、新田真剣佑さんは自身のTwitterに「自分の軽率な行動で皆様に不快な思いをさせてしまった。沖縄県民の皆様にも心から謝罪します」と投稿した。

新型コロナウイルスの影響で店舗が休業し、閑散とする国際通り=5月4日午後、那覇市(国吉聡志撮影)

コロナウイルスの感染予防のため観光施設が休業し、閑散としている駐車場=今帰仁村古宇利島

新型コロナウイルス感染拡大予防策で、空港到着口に県が設置しているサーモグラフィー=4月11日午後、那覇空港旅客ターミナルビル

新型コロナウイルスの影響で店舗が休業し、閑散とする国際通り=5月4日午後、那覇市(国吉聡志撮影) コロナウイルスの感染予防のため観光施設が休業し、閑散としている駐車場=今帰仁村古宇利島 新型コロナウイルス感染拡大予防策で、空港到着口に県が設置しているサーモグラフィー=4月11日午後、那覇空港旅客ターミナルビル

 一方で、観光は沖縄の経済の要。沖縄県は引き続き移動の自粛の呼び掛ているが、本音は「受け入れたい」。観光業界や飲食店はジレンマを抱えながら、再開に向けて、少しずつ動き出している。だが沖縄観光の現状は、まだ「凍結」状態だ。(デジタル部・與那覇里子、比嘉桃乃、政経部・川野百合子)

連載・コラム
きょうのお天気