映画の画面サイズの中で、一番ワイドな横長画面を「シネマスコープ」略して「シネスコ」と呼んでいます。スクリーンいっぱいに映像が広がり、大きさだけで感動させてくれる。この迫力は、映画館の特権。そうそう、「男はつらいよ」シリーズは全てシネスコサイズ。