米軍普天間飛行場から発がん性が指摘される有機フッ素化合物PFOS(ピーホス)を含んだ14万リットル超の泡消火剤が漏出した事故で、県と宜野湾市、沖縄防衛局がそれぞれ河川や海、湧水地などで実施した水質調査の結果(速報値を含む)が24日までに出そろった。