医師から処方される精神安定剤や睡眠薬を多く服用したり誤った用法で使ったりすることで陥る「処方薬依存症」。違法薬物とは違い、精神的な不調などで病院からもらう薬のため、気付かないうちに依存する人も多いという。