【ブリュッセル共同】国際捕鯨委員会(IWC)は25日、新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、9月に東欧スロベニアで開催を予定していた総会を1年延期し、来年9月に行うことを明らかにした。日本のIWC脱退後、最初の総会として注目されていた。

 下関港を出航する捕鯨母船「日新丸」=2月、山口県下関市

 日本は昨年6月にIWCを脱退し、商業捕鯨を31年ぶりに再開。今後は議決権を持たないオブザーバーとしてIWCへの関与を続ける意向を示している。

 これについて、現在のIWC議長国スロベニアを含む反捕鯨の一大勢力、欧州連合(EU)は賛否を示していない。来年の総会で日本の取り扱いについて話し合われる可能性がある。(共同通信)