沖縄県中城村の認可こども園「夢の園こども園」で24日、駐車場が陥没し、建物の基礎部分が一部むき出しになった。大雨の影響の可能性もある。園児96人が通っているが、けが人はなかった。園児は25日以降、同じ学校法人が近くで運営する幼稚園に登園している。

施設内の駐車場部分が大きく陥没した現場=25日、中城村南上原・夢の園こども園(古謝克公撮影)

 中城村によると、陥没した広さは縦約20メートル、横約6メートルで、深さは最大約5メートル。24日朝に駐車場でひび割れが見つかり、午後7時半ごろまでに陥没した。こども園は村の補助を受けて、今年4月に開園したばかり。村は今後、施工業者と協議し、対応を検討する方針。

 園は25日朝、保護者らに直接説明した。宮城理恵子理事長は「普段通り子どもたちが楽しく過ごせるようにしながら、今後の対応を検討したい」と話した。

 孫を迎えに来た女性(58)は「平日に発生しなくて本当に良かった。これから雨でまた陥没が起きないか心配」と不安そう。陥没直前の様子を目撃した近所の男性(42)は「駐車場のフェンスがミシミシと音を立てながらゆっくり崩れた」と振り返った。