市販のマスクに装着し、顔の上半分をガードする新型コロナウイルスの飛沫(ひまつ)感染防止用のシールドを愛媛県の紙加工会社が開発した。見た目がシンプルで着けても違和感がないのが特長。価格も手ごろで医療現場だけでなくサービス業や運輸業など対面接客の多い場での活用が期待される。