沖縄タイムス+プラス ニュース

外国人客が初のゼロ 沖縄4月の観光客、90%減の7万7300人

2020年5月27日 09:48

 県は26日、4月の入域観光客数が前年同月比90・9%(77万4100人)減の7万7300人だったと発表した。新型コロナウイルス感染拡大で、国による緊急事態宣言や県の来県自粛要請、アジア各国からの入国を厳しく制限する措置などが影響し、過去最大の減少数、減少率を記録した。県は5月以降も厳しさが続くと見込み、県民による県内旅行を皮切りに段階的に需要を喚起していく方針。

人通りの消えた沖縄の観光スポット・国際通り(4月撮影、那覇市)

月別入域観光客数と減少率の推移

人通りの消えた沖縄の観光スポット・国際通り(4月撮影、那覇市) 月別入域観光客数と減少率の推移

 4月としては1976年4月の5万5500人に次ぐ過去4番目に低い水準だった。外国客の数は復帰後初めてゼロとなった。県内への旅行者が多かった台湾や中国などの地域を対象に、国が厳しく入国を制限したことが影響した。

 4月の実績は国内客だけの数字となった。前年同月の国内客と比べると87・1%(52万3800人)減となった。

 航空便の運休・減便や国による緊急事態宣言、不要不急の旅行自粛要請、県による来県自粛要請などが影響した。

 県庁で会見した渡久地一浩文化観光スポーツ部長は「県民の命と健康を守るため来県自粛を要請したが、観光振興を担当する文化観光スポーツ部長としては(入域観光客数の大幅減少を)重く受け止めている」とコメントした。

 航空便の運休・減便が拡大している5月は「より一層厳しい状況になる」と見込みつつ、来県自粛要請が解かれる6月以降を見据えて「段階的に観光客の回復に努めていきたい」との考えを示した。

 具体的には県独自の支援策も講じながら、県民による県内旅行を皮切りに観光客の回復を目指す。国の観光復興支援策「Go To キャンペーン」と連動した観光プロモーションの支援も検討している。

 
前の記事へ 次の記事へ
沖縄関連、今話題です(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
きょうのお天気
沖縄タイムスのイチオシ
「この本を読みましょう」おすすめ図書
「この本を読みましょう」おすすめ図書
大手6出版社のおすすめ図書を紹介。県内書店でぜひ手に取ってみてください。
クラウドファンディング「Link-U」
クラウドファンディング「Link-U」
あなたの夢や想いを実現するために、あなたと一緒に挑戦します。
「お悔やみ速報沖縄 しまダビ」登場
「お悔やみ速報沖縄 しまダビ」登場
お世話になった方との最後のお別れはお別れを大事にしたい・・・そんなあなたのアプリです。
新聞記者の取材によるグルメサイト
新聞記者の取材によるグルメサイト
沖縄タイムスの取材による豊富なグルメ記事を掲載。マップから近くのお店を検索できます。参加飲食店募集中!
沖縄タイムス社 採用情報
沖縄タイムス社 採用情報
定期採用試験6月26日締め切り。応募要項はこちら。
那覇市久茂地にコワーキングオフィスhowlive誕生!
那覇市久茂地にコワーキングオフィスhowlive誕生!
howliveは沖縄タイムスが運営するシェアオフィス、コワーキングプレイス。抜群の立地と美しいデザイン、豊富な設備が特徴です。
タイムス住宅新聞社
タイムス住宅新聞社
沖縄の、住まいと暮らしにちょっとした『プラス』を。
新聞配達員募集
新聞配達員募集
お住いの地域周辺で、空いている時間を活用して働いてみませんか?
求む!やちむんを救って頂ける方〜コロナで大打撃の沖縄の陶器『やちむん』の行き先を探してます〜
求む!やちむんを救って頂ける方〜コロナで大打撃の沖縄の陶器『やちむん』の行き先を探してます〜
「Link-U(リンクユー)」を通して壺屋陶器事業協同組合(島袋常秀理事長)の陶器販売を支援