沖縄タイムス+プラス プレミアム

有害フッ素化合物の水質指針 環境省は計50ナノグラム 法的拘束力なし 米軍の泡消火剤に含有

2020年5月27日 16:00有料

 【東京】環境省は26日、河川や地下水などに含まれる有機フッ素化合物PFOS(ピーホス)とPFOA(ピーホア)について合計で1リットル当たり50ナノグラムとする指針値を決定した。同日開かれた中央環境審議会の水環境部会で了承された。

もっと詳しく。有料会員ならこんな記事も読めます。

沖縄の米軍基地の集団感染 発端は米本土部隊から

報告書から異例の「辺野古」削除 海兵隊の沖縄への強いこだわり

「翁長が恋しいです」流れ呼んだ妻の訴え 沖縄県知事選

月額550円で有料記事が月100本読み放題の「ライトプラン」もございます。 

 
連載・コラム
きょうのお天気