新型コロナ禍による航空便の運休・減便で出荷に影響が出ている農水産物を市場に届けるため、石垣市がチャーターした貨物臨時便が27日、石垣空港から羽田空港(東京)へ出発した。石垣島や竹富町西表島で生産された旬のパインや、本マグロを中心にコンテナ全36個が満杯となる約23トン。