[インサイドクリック] 沖縄協同青果の競り人2人が、不正な競りを通じて計1億2700万円を授受していたことが明らかになり、公正で効率的な農産物の流通を課されている卸売市場への信頼が揺らいでいる。市場参加者は一様に「損害はない」と口をそろえる。