沖縄タイムス+プラス ニュース

頻繁に消毒、手荒れが悪化…ならば保湿ジェルでも消毒を ポイントピュールが開発 植物由来5成分含む

2020年5月28日 08:00

 県産素材を使った化粧品製造・販売のポイントピュール(久米島町、大道敦社長)は、植物由来の保湿成分配合で肌荒れを防ぎ、手指消毒用エタノールの代替品として使用可能な「Ryu Spaボタニカルハンドジェル」を開発した。59%のアルコール成分を含んでいる。直営店やオンラインショップで販売している。

「Ryu Spaボタニカルハンドジェル」を手にするポイントピュールの大道りつ子専務=26日、那覇市安里

 開発のきっかけは、新型コロナウイルスの感染予防で頻繁に消毒用エタノールを使用していた、大道りつ子専務の手荒れが悪化したこと。大道専務は「感染予防もしつつ、肌が荒れない消毒液が必要だと感じた」と話す。月桃や茶葉など保湿効果がある5種類の成分を含み、肌荒れを防ぐ。

 50ミリリットル入りの価格は500円。250ミリリットル入りは1800円。ともに税抜き。問い合わせは直営店の琉球コスメハウス那覇店、フリーダイヤル(0120)612361。

 
前の記事へ 次の記事へ
沖縄関連、今話題です(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
きょうのお天気
沖縄タイムスのイチオシ