沖縄タイムス+プラス ニュース

「コロナゼロ」へ1室5670円も 沖縄のホテル宿泊プラン続々「自粛疲れを癒やして」

2020年5月28日 05:00

 新型コロナウイルスの影響で、休業していた県内のホテルが、営業再開に向け県民プランを導入して県内需要を取り込む動きが広がっている。医療従事者への感謝を込めた宿泊無料プランや、県民への格安宿泊プラン、マリンアクティビティーの割引などを提供。各ホテルとも感染防止策に取り組みながら「ストレス発散や自粛疲れを癒やしてほしい」と力を入れる。(政経部・川野百合子)

医療従事者や家族が無料で宿泊できるハイアットリージェンシー瀬良垣アイランド沖縄の部屋の例(同社提供)

 ハイアットリージェンシー瀬良垣アイランド沖縄(恩納村)は、県内に勤務する医療従事者と家族向けに、6月1日~30日の期間中、1日10室限定で素泊まり無料プランを提供する。通常よりチェックイン時間を1時間早め、チェックアウトも1時間延ばした。チェックイン時に医療従事者であると分かる社員証などを提示する。

 26日から受け付けを開始したが予約が殺到しているという。県民向けに2食付きで1人1万2千円からの格安プランもある。担当者は「昼夜問わずに命を預かる医療関係者への感謝と応援の思いなどを込めて企画した。ホテルにできる形で地元と一緒になって頑張っていきたい」と話す。

 KPGホテル&リゾートは25日から、オキナワグランメールリゾート(沖縄市)と沖縄サンコーストホテル(名護市)で県民プランを販売している。宿泊料金は「コロナゼロ」の語呂合わせで、1室2人「5670円(税別)」。すでに発売していたグランディスタイル沖縄読谷ホテル&リゾート(読谷村)とカフーリゾートフチャクコンド・ホテル(恩納村)では、ディナーと飲み放題が付いたレストランプランなども拡充した。

 かりゆしグループの沖縄かりゆしビーチリゾート・オーシャンスパ(恩納村)も6月1日から7月22日の期間中、県民向けに1室1万2千円(税込み)のプランを販売する。マリンアクティビティーの割引なども用意し「子どもたちにゆっくり遊んでもらい、3世代のご家族で息抜きをしてほしい」と期待した。

 問い合わせ先の電話番号は以下の通り。ハイアット098(966)2589(午前9時~午後6時)、グランメール098(931)1500、サンコースト0980(53)0330、かりゆし098(868)2161。

(写図説明)医療従事者や家族が無料で宿泊できるハイアットリージェンシー瀬良垣アイランド沖縄の部屋の例(同社提供)

連載・コラム
アクセスランキング
ニュース 解説・コラム
24時間 1週間