新型コロナ沖縄の今

コロナ休校で子どもの受け皿担った学童保育 職員は疲弊、資金不足にも直面

2020年5月29日 06:00

[新型コロナ 沖縄の今] 新型コロナウイルスの感染予防対策で小学校が休校だったさなか、子どもたちの受け皿となった県内の放課後児童クラブ(学童保育)が職員の疲弊や人件費増加などによる資金不足に直面していた実態が、NPO法人県学童・保育支援センターの調査で分かった。

 

●疑問・困りごと募集

 新型コロナウイルスの感染が広がり、くらしや経済、学校生活に影響が広がっています。読者の皆さんがいま困っていることを、ぜひお寄せください。沖縄タイムスは、県民の「疑問」や「困り事」などを共有する企画を始めています。

 受け付けは下記から特設サイトにアクセスするか、郵送で郵便番号900-8678、那覇市久茂地2の2の2「沖縄タイムス編集局社会部」まで。ファクスは098(860)3483。メールはshakai@okinawatimes.co.jp

 >>特設サイトはこちら


前の記事へ 次の記事へ
沖縄関連、今話題です(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
きょうのお天気