沖縄タイムス+プラス ニュース

九州ブロック国体中止 沖縄で30競技を予定 コロナ対策「困難」

2020年5月29日 15:24

 鹿児島県で開催予定の第75回国民体育大会(10月)の代表枠を争う第40回九州ブロック大会について、開催地の県実行委員会は29日、那覇市の県体協スポーツ会館で会見を開き、夏季(7月)と秋季(8月)の両大会の中止を発表した。選手や監督、関係者らの新型コロナウイルスの感染防止対策を十分に取ることが困難などと説明した。

九州ブロック大会夏季・秋季大会の中止を発表する県実行委員会の(左から)佐久本嗣男副会長、渡久地一浩副会長、渡嘉敷通之事務局長=29日、県体協スポーツ会館

 九州ブロック大会は各県持ち回りで開催しており、今年は沖縄で30競技を実施予定だった。4月に入り感染が全国的に拡大したことを受け、県と県実行委事務局が開催可否を検討。5月28日にあった九州地区体育・スポーツ協会連絡協議会での承認を経て、中止を決定した。

 同大会では既に鹿児島県で予定されていたカヌーのスラローム、ワイルドウオーターの両種目の中止を発表していた。本国体については開催県の鹿児島県が1年程度の延期案を関係機関に要望している。

野球・ゴルフ・サッカー・バスケ・・・プロからアマまでスポーツ全記事、読み放題! >>「沖縄タイムス+プラス スポーツ」

連載・コラム
きょうのお天気
アクセスランキング
ニュース 解説・コラム
24時間 1週間