共同通信 ニュース

広島・大瀬良、シュートに手応え 開幕へ「精度を上げていけたら」

2020年5月29日 22:34

 広島のエース大瀬良大地投手は29日、マツダスタジアムで行われた紅白戦に先発し、3回4安打1失点で収穫と課題を得た。習得中のシュートで右打者の内角を突き、詰まらせる場面もあり「きっちりコースに行くと打者は反応してくれる。これから精度を上げていけたら」と納得顔だった。

 紅白戦に先発した広島・大瀬良=マツダ

 スライダーが浮いて、ピレラ外野手に左越えの本塁打を許したところは反省点だった。6月19日の開幕をにらみ「投げていく中で感覚を取り戻して調整を重ねたい」と話した。

 本調子にはまだ遠いが、佐々岡真司監督は「本人が一番分かっている」と不安は全く感じていない様子だった。(共同通信)

 

野球・ゴルフ・サッカー・バスケ・・・プロからアマまでスポーツ全記事、読み放題! >>「沖縄タイムス+プラス スポーツ」

前の記事へ 次の記事へ
沖縄関連、今話題です(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
きょうのお天気