丸茂吉成航空幕僚長は29日の記者会見で、新型コロナウイルス対応の医療従事者に感謝の意を込めた航空自衛隊のアクロバット飛行チーム「ブルーインパルス」6機の飛行について「多くの方に明るい気持ちになってもらえれば、喜びとするところだ」と話した。

 フライトは晴天に恵まれ、白のスモークが噴出された東京都心部では、多くの人が空を見上げて歓声を上げた。丸茂氏は「整斉と飛行してくれて、うれしい。短い期間で準備した隊員たちを誇りに思う」とも述べた。

 6機は29日昼、感染者を受け入れている都内の複数の病院上空を通過するなどし、約20分にわたり都心部を8の字のように2周した。(共同通信)