沖縄タイムス+プラス ニュース

沖縄お泊り旅行3万円が1万5000円に 県が6月から費用補助 県民向けプランに予算5億円

2020年5月30日 09:50

 沖縄県は6月1日以降、県内の移動自粛を解除することを受け、県民向けの県内旅行の助成事業「おきなわ彩発見」キャンペーンを実施する。県内旅行を皮切りにリーディング産業である観光を振興し、県内経済回復を目指す。

(資料写真)沖縄県庁

県の県外移動自粛・観光受け入れ方針

(資料写真)沖縄県庁 県の県外移動自粛・観光受け入れ方針

 キャンペーンには、約5億円の予算を計上。旅行会社などが企画する県民対象の県内ホテル宿泊プランを利用した場合、料金の一部を県が助成する。

 1人当たり(1)3万円以上で1万5千円(2)2~3万円で1万円(3)1~2万円で5千円-を助成する方向で調整している。ホテルへの支払時に身分証明書などで県内在住者であることを確認する。

 週明けに詳細を公表する予定。6月の第1週目には利用できるよう準備を進めているという。県は「県民が県内ホテルを利用したり、離島へ旅行したりするチャンス。広報し、県内旅行を促進したい」と期待している。

 
前の記事へ 次の記事へ
沖縄関連、今話題です(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
きょうのお天気
沖縄タイムスのイチオシ