沖縄タイムス+プラス ニュース

「外国人相談窓口」きょうから 那覇市役所に開設

2020年6月1日 11:40

 那覇市は1日から市役所本庁舎に「市外国人相談窓口」を開設する。通訳士と職員の計2人を中心に運営。英語を中心としながら、中国、韓国、ネパール語なども翻訳機を活用しながら多言語に対応する。

那覇市役所

 相談内容に応じ、関係部署に同行もする。城間幹子市長が26日の定例会見で発表し「関係課や外部の関係機関と連携を図り必要な情報提供をしていく」と述べた。

 市には4月末現在、5656人、4049世帯の在留外国人が住民登録されており、国籍ではネパール、中国、ベトナム、韓国・朝鮮、台湾の順で多いという。

 
前の記事へ 次の記事へ
沖縄関連、今話題です(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
きょうのお天気