沖縄タイムス+プラス ニュース

コロナ対策が一目で分かるピクトグラム 沖縄のデザイン会社が無償提供

2020年6月2日 05:30

 商業広告の企画デザインなどを手がける沖縄県名護市の琉球若草(田村英三代表)と市観光協会が、新型コロナウイルス対策を分かりやすく伝えるピクトグラム(視覚記号)を作成し、二次利用の権利とともに市に無償で提供した。誰でも市のホームページからダウンロードし、利用できる。

コロナ対策が一目で分かるピクトグラム

作成したピクトグラムを渡具知武豊名護市長(中央)に寄贈する琉球若草の関谷晃一部長(左)と市観光協会の津波克也さん=5月28日、名護市役所

コロナ対策が一目で分かるピクトグラム 作成したピクトグラムを渡具知武豊名護市長(中央)に寄贈する琉球若草の関谷晃一部長(左)と市観光協会の津波克也さん=5月28日、名護市役所

 ピクトグラムは、国や県が発表した感染防止対策のガイドラインを基に、琉球若草と市観光協会が協力し、約2週間かけて14種類を作った。

 事業所の利用を想定し、利用客へのマスク着用や検温などの協力願いだけではなく、事業所側の感染防止対策を周知できるよう、消毒液の設置や換気の実施などが一目で分かるデザインもある。外国人にも分かるよう英語での簡単な説明も加えた。

 5月28日に市役所で開かれた贈呈式で、琉球若草の関谷晃一部長は「遠目で見ても分かりやすいデザインにした。経済活動が徐々に再開していく中、ピクトグラムで対策を可視化し、安心して来られる名護市にしたい」と利用を呼び掛けた。

 観光協会の津波克也さんは「ピクトグラムを統一したガイドラインとして使うことで、利用客の安心だけではなく事業所側の感染防止対策への意識向上にもつながる。活用してもらい、名護市から観光を盛り上げたい」と意気込んだ。

 渡具知武豊市長は「感染の第2波が来ることも危惧される中で、対策が分かりやすいピクトグラムを、誰もが使える形で提供していただき大変ありがたい。活用して名護市をアピールしていきたい」と話した。

 
前の記事へ 次の記事へ
沖縄関連、今話題です(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
きょうのお天気
沖縄タイムスのイチオシ
沖縄こども未来プロジェクト
沖縄こども未来プロジェクト
企業や個人のサポーターの皆様から頂いた支援金で、子どもたちの夢を後押ししています。
沖縄タイムスアカデミア
沖縄タイムスアカデミア
一流の講師陣による少人数の連続講座。同じ志を持つメンバーと実践的なテーマを学びませんか!
「この本を読みましょう」おすすめ図書
「この本を読みましょう」おすすめ図書
大手6出版社のおすすめ図書を紹介。県内書店でぜひ手に取ってみてください。
新聞記者の取材によるグルメサイト
新聞記者の取材によるグルメサイト
沖縄タイムスの取材による豊富なグルメ記事を掲載。マップから近くのお店を検索できます。参加飲食店募集中!
新聞配達員募集
新聞配達員募集
お住いの地域周辺で、空いている時間を活用して働いてみませんか?
那覇市久茂地にコワーキングオフィスhowlive誕生!
那覇市久茂地にコワーキングオフィスhowlive誕生!
howliveは沖縄タイムスが運営するシェアオフィス、コワーキングプレイス。抜群の立地と美しいデザイン、豊富な設備が特徴です。
沖縄タイムス社 採用情報
沖縄タイムス社 採用情報
定期採用試験6月26日締め切り。応募要項はこちら。
タイムス住宅新聞社
タイムス住宅新聞社
沖縄の、住まいと暮らしにちょっとした『プラス』を。
求む!やちむんを救って頂ける方〜コロナで大打撃の沖縄の陶器『やちむん』の行き先を探してます〜
求む!やちむんを救って頂ける方〜コロナで大打撃の沖縄の陶器『やちむん』の行き先を探してます〜
「Link-U(リンクユー)」を通して壺屋陶器事業協同組合(島袋常秀理事長)の陶器販売を支援