[戦後75年] 沖縄県女性力・平和推進課は1日、沖縄戦などの戦没者名を刻んだ糸満市摩文仁の「平和の礎」に、2020年度は新たに30人を追加刻銘すると発表した。年度別では礎を建立した1995年以降、最も少ない刻銘数となった。内訳は県出身20人、県外出身9人、米国出身1人。