新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、3月28日から休園していた皇居・東御苑が2日、一般公開を再開した。2月29日から休館の三の丸尚蔵館も開館した。

 皇居を訪れ、大手門付近で手を消毒する人(手前)=2日午前

 宮内庁は、手荷物を最小限とし、御苑内の密集、密接を避けるように呼び掛けている。混雑時には入園や入館を制限する。

 三の丸尚蔵館ではこの日から、初夏から盛夏の風物を描いた絵画や、明智光秀の七夕の和歌などを紹介する臨時企画展も始まった。

 3月から休止していた皇居の一般参観も2日、再開されたが、午前の回は参加者がゼロだった。(共同通信)