沖縄タイムス+プラス ニュース

「山あいの子供たちに一度でいいから大海(甲子園)を見せてやりたかったんじゃ」蔦文也(野球)のコトバ

2020年6月2日 14:19
 
沖縄タイムス社など全国24メディアが協力したコラボレーション報道「コトバのチカラ」。4月27日掲載の徳島新聞の記事を紹介します。

甲子園37勝、優勝3度

 池田高校野球部を率いた故蔦文也元監督。「やまびこ打線」を育て上げ、豪快な攻撃野球で甲子園に革命を起こした。春夏合わせて37勝、優勝3度、準優勝2度。「攻めダルマ」と呼ばれ、野球ファンに愛された。

 徳島商の選手時代に3度、甲子園に出場。同大、社会人野球「全徳島」を経てプロ野球・東急フライヤーズに1年間在籍した。1951年に社会科教諭となり、翌52年に池田の監督になった。強豪校の壁にはね返されても挑戦し続け、就任20年目の71年夏に甲子園初出場を果たした。

 

 型破りなエピソードには事欠かない。ノックで甲子園のレフトスタンドに放り込み、呆気(あっけ)にとられる選手たちをよそに「ホームランを打ってみたかったんじゃ」とご満悦だった。「さわやかイレブン」で決勝へ進んだ74年選抜大会では、決勝戦前夜に相手報徳学園(兵庫)の福島敦彦監督の訪問を快く受け、酒を酌み交わした。

 自転車の荷台にトンボをくくりつけてグラウンドを整備し、雨が降ると水たまりの水をかい出した。練習試合を優先し、長男の結婚式を欠席。常にチームの勝利に心を砕き、選手との時間を最優先した。

 甲子園でのインタビューもすべて阿波弁。歯に衣(きぬ)着せぬ「蔦節」で豪放磊落(らいらく)なイメージだが、ナイーブな一面も。ピンチではベンチ裏でたばこを吸って気を紛らわせた。

 「山あいの子供たちに一度でいいから大海(甲子園)を見せてやりたかったんじゃ」。校内には名言が刻まれた石碑が建っている。世を去ってから12年がたつ今もファンの心に生き続けている。

※日付・年齢などは2013年6月26日掲載時のもの

 

取材写真を一挙公開! 高校野球「熱闘アルバム」

球児の「特別な夏」を応援するため、新聞に掲載できなかった写真は試合ごとに公開しています。甲子園という目標がなくなっても前を向き奮闘する選手たちの姿を、本紙カメラマンの写真でお伝えします。

>>各試合の写真を見る


野球・ゴルフ・サッカー・バスケ・・・プロからアマまでスポーツ全記事、読み放題! >>「沖縄タイムス+プラス スポーツ」

前の記事へ 次の記事へ
沖縄関連、今話題です(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
きょうのお天気
沖縄タイムスのイチオシ
タイムス住宅新聞社
タイムス住宅新聞社
沖縄の、住まいと暮らしにちょっとした『プラス』を。
「お悔やみ速報沖縄 しまダビ」登場
「お悔やみ速報沖縄 しまダビ」登場
お世話になった方との最後のお別れはお別れを大事にしたい・・・そんなあなたのアプリです。
新聞記者の取材によるグルメサイト
新聞記者の取材によるグルメサイト
沖縄タイムスの取材による豊富なグルメ記事を掲載。マップから近くのお店を検索できます。参加飲食店募集中!
クラウドファンディング「Link-U」
クラウドファンディング「Link-U」
あなたの夢や想いを実現するために、あなたと一緒に挑戦します。
求む!やちむんを救って頂ける方〜コロナで大打撃の沖縄の陶器『やちむん』の行き先を探してます〜
求む!やちむんを救って頂ける方〜コロナで大打撃の沖縄の陶器『やちむん』の行き先を探してます〜
「Link-U(リンクユー)」を通して壺屋陶器事業協同組合(島袋常秀理事長)の陶器販売を支援
求人情報サイト「ジョブカロリ」
求人情報サイト「ジョブカロリ」
お祝い金がもらえる成果報酬型人財マッチングサービスです。
「この本を読みましょう」おすすめ図書
「この本を読みましょう」おすすめ図書
大手6出版社のおすすめ図書を紹介。県内書店でぜひ手に取ってみてください。
沖縄タイムスアカデミア
沖縄タイムスアカデミア
一流の講師陣による少人数の連続講座。同じ志を持つメンバーと実践的なテーマを学びませんか!
那覇市久茂地にコワーキングオフィスhowlive誕生!
那覇市久茂地にコワーキングオフィスhowlive誕生!
howliveは沖縄タイムスが運営するシェアオフィス、コワーキングプレイス。抜群の立地と美しいデザイン、豊富な設備が特徴です。