新型コロナウイルス特措法に基づく緊急事態宣言の解除を受け、東京地裁で2日、約3カ月ぶりに裁判員裁判が開かれた。裁判官や裁判員、検察官はマスクを着用する中、2人の弁護人が「十分な弁護ができない」として、裁判長の要請に応じず着用しなかったため、審理が一時中断。約2時間半後に再開した。

 東京地裁=東京・霞が関

 約3カ月ぶりに裁判員裁判が再開された東京地裁の法廷。新型コロナウイルス感染防止のため、裁判官や裁判員の席の間にアクリル板が置かれていた=2日(代表撮影)

 東京地裁=東京・霞が関  約3カ月ぶりに裁判員裁判が再開された東京地裁の法廷。新型コロナウイルス感染防止のため、裁判官や裁判員の席の間にアクリル板が置かれていた=2日(代表撮影)

 午前11時すぎ、冒頭手続きに入る前、永渕健一裁判長がマスク着用を求めたが、弁護人は「全力で弁護するためには、マスクをしたままでは難しい」と発言した。表情が伝わらないことなどを懸念したとみられる。直後に手続きは中断され、午後1時半ごろ再開した。(共同通信)