共同通信 ニュース

首相、9月入学の来年見送り伝達 自民チームに「難しい」

2020年6月2日 18:33

 安倍晋三首相は2日、9月入学制の来年からの導入を事実上見送る意向を自民党議員に伝えた。党ワーキングチーム(WT)から「直近の導入は困難だ」とする提言を官邸で受け取り「法改正を伴う形では難しい」と応じた。新型コロナの感染拡大による学習の遅れを取り戻すため、20年度の学年末を2週間~1カ月程度延長する提案には理解を示した。

 首相官邸に入る安倍首相=1日午前

 首相は「入試や就職を前に不安を感じている学生や親もいる。不安を解消するのもわれわれの大きな責任だ」と強調。将来的な秋入学制については検討を続ける。(共同通信)

 
前の記事へ 次の記事へ
沖縄関連、今話題です(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
きょうのお天気