第44回県さとうきび競作会(県糖業振興協会)の審査結果が5月25日までにまとまった。10アール当たりの砂糖の生産量が最も多いサトウキビを生育した金城昇氏(八重瀬町)が1位の農林水産大臣賞に選ばれた。2位の農林水産省政策統括官賞は島袋幸光氏(那覇市)、3位の県知事賞は伊保正明氏(石垣市)となった。